« ラッコのクーちゃんを思い出した流木・・ | トップページ | 解体されゆく旧くしろデパート・・ »

2016年9月23日 (金)

米町公園の高濱虚子先生句碑・・

米町公園に並んでいる石碑の一つに・・

“燈台は低く霧笛は峙てり”と刻まれた・・・

「高濱虚子先生句碑」があります。

自分も詳しくは分からないので極々簡単な略歴ですが・・

高濱虚子(たかはまきょし)先生は、明治7年(1874)2月22日・・・

愛媛県松山市で生誕され、後に正岡子規の門下生になり・・・・

俳句誌“ホトトギス”を主宰され、昭和29年(1954)年に・・・・・

文化勲章を受賞された俳句界の巨匠のようです。

この句の意味を調べてみたのですが見つけられなかったので・・

間違っていると思われますが自分なりに解釈してみました。

“峙てり”は、“そばだてり”と読みます。

峙つというのは、岩や山が高くそびえ立つということです。

釧路の海霧は深く燈台が低く見える位に立ち込める中、・・

霧笛の音が広がり響くのではなく、そびえ立つように・・・

上がって行き響きがかえって来ない、という・・・・

釧路の霧の深さを現したものなのでしょうか???

違っていたら(違うと思いますが)スイマセンです。

高濱虚子先生は、昭和8年(1933)8月23日に・・

釧路を訪れているそうです。

今回は、昨年の4月に撮影した写真を使いました。
平成13年8月23日 高濱虚子先生句碑建立期成会・・
と解説の石碑に刻まれています。

427kyoyoyu1

解説の石碑には、高濱虚子先生の・・

“露領より歸りし船と鮪船”という句も刻まれています。

“露領”はロシア領、大正時代を中心に後の北洋漁業の・・

前身で露領にて建て網でさけ・ます・にしんなどを・・・

獲っていたのを露領漁業といっていたそうです。

“歸りし”は帰りし、明治末頃から昭和10年頃まで・・

三陸から釧路・根室の沖合でマグロが回遊していて・・・

釧路が最大の水揚げ場だったそうです。

今では信じられませんが、冷凍技術が導入される前の時代は・・

マグロの処分に困るほどに獲れていたようです。

そのマグロ漁全盛期の晩年に近い頃の風景のようですが・・

鮪船の横行していた港の様子がうかがえる句のようです。

同じく昨年の4月27日に撮影した写真を使いました。
427kyoyoyu2

|

« ラッコのクーちゃんを思い出した流木・・ | トップページ | 解体されゆく旧くしろデパート・・ »

釧路の石碑巡り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米町公園の高濱虚子先生句碑・・:

« ラッコのクーちゃんを思い出した流木・・ | トップページ | 解体されゆく旧くしろデパート・・ »