« 三尺玉花火撮影・・ですが・・・ | トップページ | 仏舎利塔の四面のレリーフ・・ »

2016年9月12日 (月)

初秋の仏舎利塔にて・・

今月の3日、どんぱく花火を見に行く途中、城山の通りを・・

歩いていた時に仏舎利塔の姿に目が引かれました。

そこで、昨日、仏舎利塔に行ってみることにしました。

天気のいい日に行くとこの場所は風が爽やかで・・

景色も開けているので居心地の良さも感じます。

仏舎利塔は、昭和27年(1952年)に起工式が行われ・・

昭和34年(1959年)の完成ですが、人件費はボランティアで・・・

当時約3千万円の建設費は、志でまかなわれたようです。

塔の内部には、インドやスリランカ、ミャンマーから・・

贈られたという6粒の仏舎利(ブッダの遺骨)が・・・

納められているそうです。

しかし、近年では、老朽化が進み崩れかけているところも・・

かなり目立ってきていたようです。

ただ、檀家さんがないことから補修が厳しくなっていましたが・・

有志の方が資金不足ということもあり10年の歳月を・・・

費やしての補修の計画を立ててボランティアでの・・・・

補修を続けているそうです。

昨日の9月11日です。
911abusya1


以前、仏舎利塔まつりの時にいただいた資料によりますと・・
高さは、33mで法隆寺の5重の塔とほぼ同じ高さで・・・
全国に百数十ヵ所ある仏舎利塔の中でもトップクラスの・・・・
大きさだそうです。
(最大直径は40m)
一番、大きな仏舎利塔で38m、多くは10m未満とのことです。
911abusya3

~~
小高い丘の上に立つ仏舎利塔は、海上からも見えて・・
漁師さんたちの目標にもなり、海から見える姿がとても・・・
ありがたく豊漁や航海安全の願いに来ることもあるそうです。

911abusya2

|

« 三尺玉花火撮影・・ですが・・・ | トップページ | 仏舎利塔の四面のレリーフ・・ »

道東の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初秋の仏舎利塔にて・・:

« 三尺玉花火撮影・・ですが・・・ | トップページ | 仏舎利塔の四面のレリーフ・・ »