« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

感謝を込めて彩雲の写真を・・

今年一年間、この拙いブログを見ていただきました方々様・・

本当にありがとうございました。

今年最後の写真は、感謝を込めて・・

見ると幸運を呼ぶといわれる・・

彩雲の写真にしてみました。

来年も皆々様にとって良い年でありますように・・・。

来年もよろしくお願い致します。

1117tasaju358

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月29日 (木)

雪晴れのチャランケチャシの石仏たち・・

もう直ぐ年越しですね~。

年を越すということで歳を重ねるごとに実感することの一つに・・

普段、出来て当たり前だと思っていたことが・・・

実は、奇跡的で大変ありがたいことだと・・・・

気が付いていくことがあると思います。

いつも無意識にしている呼吸一つにしても・・

普通に呼吸が出来ることって・・・

本当にありがたいことですよね。

そう思うと何事にも合掌して感謝したくなります。

今回は、その合掌ということで、少々強引な繋ぎですが・・

春採公園のチャランケチャシで並ぶ観音石仏さんたちの・・・

写真にしてみました。

12月24日です。
1224yutyako1


釧路西国三十三ヵ所霊場の札所に相当する石仏さんたちです。
六体中、五体が観音石仏になります。
左から第12番、11番、お地蔵様、20番、10番、22番です。
第11番が准胝観音で他の四体は千手観音になります。

1224yutyako3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

桂恋の飛翔するオジロワシの夕影・・

前回は、桂恋の岩の上で寛ぐ?、番のオジロワシの写真を

アップしました。

今回も同じく桂恋で見かけたオジロワシの姿ですが・・

今回は、夕空に浮かぶシルエットの写真でございます。

12月19日です。
夕日を撮っていると行き成り一羽のオジロワシが目の前に・・
飛んできました。
慌ててカメラを向けて撮ったのですが、このところ動きものに・・
慣れていないのでほとんどがピンボケでした。

1219yuojilo2

~~
この写真も上の写真たちと同じくピンボケでした。
背景が綺麗だっただけに残念です。
ただ、シルエットなのでパソコン画面などで見るだけなら・・
何とか見られますね。

1219yuojilo3








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

桂恋の番のオジロワシ・・

以前、オオワシやオジロワシの撮影に・・

凝っていたことがありました。

とにかく、その勇猛な姿をアップで撮りたいと思って・・

野付半島などにはよく通いました。

ただ、そのためには高価な超望遠レンズなどの・・

機材が必要になるということもありますが・・・

何と言っても自分の腕では難しいことを悟って・・・・

今では、すっかり、その熱も冷めてしまいました。

しかし、今でもオオワシやオジロワシの姿を見かけると・・

やはり、感動してしまうのでありました。

12月20日、夕暮れ時の桂恋で見かけた番と思われます・・
オジロワシです。
岩の上にいるのが分かるでしょうか?

1220yukaji1


使っていたレンズの最望遠側にズームして撮ってみました。
以前は、とにかくアップで撮りたいと思っていましたが・・
今は、風景の一部として撮りたいと思うようになったので・・・
これくらいの大きさでも充分かも?と思いました。
1220yukaji2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月23日 (金)

桂恋からの赤玉夕日・・

昨日から結構、降りましたね~。

除雪車が入ってくれるのは凄くありがたいのですが・・

残していった雪が重く大きな塊りになっていたので・・・

雪を捨てる所までソリで何往復もしなけらばならない身には・・・・

雪かきをしている範囲の割には時間がかかって疲れました。

久しぶりに2時間近くアウトドアの運動をしてしまいました。

ということですが、今回の写真は、全く文とは関係なく・・

逆に対照的な天気のいい日の夕日の写真でございます。

12月20日、桂恋からです。
1220kaakai4


この日は、天気は良かったのですが空に塵があって・・
少し霞んでいたせいでしょうか?赤玉の夕日になりました。
空気の澄んでいる時の眩しい夕日と違って、写真に・・
撮りやすいのが何よりも助かります。

1220kaakai1




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

桂恋からの今シーズン初の夕日撮影・・

昨日、夕日の写真を撮りに行けそうだったので・・

貝塚大橋で撮るか?それとも桂恋にしようか?・・・

または、千代ノ浦にするか?などと迷ったのですが・・・・

車を運転した瞬間に心が向かった桂恋に・・・・・

今シーズン初めて行ってみることにしたのであります。

12月19日です。
1219kayayu1

~~
間もなく完全に夕日が入る頃です。
夕日が見えなくなる前に船が来てくれないかな~と・・
思いながら撮りました。
ギリギリ何とか夕日が写ってくれました。
1219kayayu4


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月16日 (金)

雪の中のチャランケチャシの石仏たち・・

春採公園のチャランケチャシ・・

夏の間は、木々に隠れているので少し奥の方で並ぶ・・・

石仏さんたちの存在をあまり感じられませんが・・・・

今時期になると木々の間からお姿が見えたりするので・・・・・

その石仏さんたちに手を合わせたくなり・・・・・

チャランケチャシに入ってしまったりします。

先日も春採公園に行った時に赤い前掛けが見えたので・・

ついついチャランケチャシに足を踏み入れてしまいました。

12月11日、チャランケチャシです。1211hakose6


釧路西国三十三ヵ所霊場の札所に相当する石仏さんたちです。
六体中、五体が観音石仏になります。
左から第12番、11番、お地蔵様、20番、10番、22番です。
第11番が准胝観音で他の四体は千手観音になります。
1211hakose5







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 2日 (金)

ワンコインジャンクレンズで氷面アートを・・

写真を撮るのは好きですが、機材にお金をかけたくない・・

貧乏性写真愛好家の自分は、リサイクルショップなどで・・・

今までに10本ほどの2000円以下のジャンクレンズを・・・・

購入(救出?)しました。

安物買いの銭失いの如く、その中で3本ほどの全く使えない・・

レンズがありましたが、10本の中で一番、安かったのが・・・

フィルム一眼レフとセットで500円のレンズです。

カメラについていた、おまけレンズといえるかも知れません。

しかし、30年くらい前にペンタックス初のAFカメラと同時に・・

発売されたと思われます、このオールド標準ズームレンズ・・・

中々、使えるのです。

もちろん、普段、高級レンズを使っている方からすると発色や・・

シャープ感、ボケ味などにかなり不満を感じると思いますが・・・

自分程度の腕前には、充分な写りをしてくれます。

今回は、結氷した春採公園のトンボ池で見かけた氷面模様を・・

このレンズを使って撮影した写真からでございます。

11月26日です。
smc PENTAX-F ZOOM 35~70mm F3.5~4.5+K20Dにて。
1126kokia2


古いAFレンズだけに最短撮影距離が0.7mくらいのようで・・
あまり近づいては撮れませんが、70mmの時にのみ・・・
マクロ撮影が出来るようなので今回は、それで撮りました。
古い普及レンズの割には?よく撮れていると思います。

1126kokia1

~~
マクロといっても、あまりアップでは撮れませんが・・
今回のような被写体ならちょうどいいくらいに撮れました。
今回の写真は、全て、後でシャドー部を少しだけですが・・
調整しています。

1126kokia6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

久しぶりのお気に入りの一枚から・・

今年も残すところ1ヵ月となりましたね~。

先月というか11月は、毎年のように春採公園に・・

最低でも5回は夕日の写真を撮りに行っていたのですが・・・

今年は2回ほどでした。

しかし、シンプルな夕色に染まる春採湖面を・・

写しただけですが、久しぶりに自己満足ながら・・・

一枚のお気に入り写真を撮ることが出来ました。

ただ、この撮影ポイントも年々、手前にある木が伸びてきて・・

フレーミングを決めるのが難しくなってきています。

実は、今回の写真も中途半端に枝が写ってしまいました。

そこで、レタッチでその枝たちを消すことにしたので・・

ネイチャーではなく加工写真といえるのかも知れません。

でも、写真を撮るのに邪魔だからといって・・

実際に木を切るのではなく、パソコンの上で以前の状態に・・・

戻しているだけなので、自然には優しいのでは?と・・・・

勝手に都合のいいように言い訳しているのでありました。

11月13日です。
一羽の飛び立つ鳥がお気に入りの作品にしてくれました。
1113haututo1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »