« 雪原の春採湖の向こうを行く石炭列車・・ | トップページ | 幣舞橋の向こうに沈む春の夕日・・ »

2017年3月16日 (木)

春採湖畔の不空羂索観音石仏・・

春採湖畔の遊歩道を歩いていると何ヶ所かで・・

石仏が設置されているのを見かけます。

その中でも一番気がつきやすいのがネイチャーセンターから・・

右手に少し行ったところにある一体の石仏だと思います。

この石仏をお地蔵様だと思っている方も少なくないと・・

思いますが、大正13年に米町から春採湖畔にかけて・・・

一周するように設置された釧路西国三十三ヵ所霊場の・・・・

札所の一つに相当する観音石仏になります。

西国三十三ヵ所霊場は、近畿・東海地方を巡る・・

約1000キロのコースの観音霊場だそうですが・・・

釧路西国三十三ヵ所霊場は、春採湖を琵琶湖に例えて・・・・

巡る約10キロのミニ観音霊場になるようです。

春採湖畔には、11体の観音石仏がありますが・・

他に近くの竹老園にも3体の石仏があります。

ネイチャーセンター前の石仏は、その中の第9番で・・

唯一の不空羂索観音石仏になります。

羂索(けんさく、または、けんじゃく)とは、鳥や獣を捕まえる・・

罠のことで、羂索を使って苦しんでいる人たちを・・・

確実にすくい上げて救済する観音様ということらしいです。

遊歩道を散策した時に立ち止まって手を合わせたら・・

御利益があるかも??ですね。

遊歩道脇にいらっしゃる第9番の観音石仏さんです。
307hayuha9


今月の7日です。
この日は、朝まで雪が降っていたので雪に埋まっていました。
雪の中だと赤い前掛けがあるので少し目立ちますが・・
意外と気がつかれないのかも?知れませんね。

307hayuha91

~~
台座に“興福寺 南円堂”と第9番の対比する本家?の・・
お寺の名前が刻まれています。
他の石仏の台座にも人名も刻まれていますが、この霊場を・・
設置する時に協力された方々様のお名前のようです。
1023hatama4






|

« 雪原の春採湖の向こうを行く石炭列車・・ | トップページ | 幣舞橋の向こうに沈む春の夕日・・ »

春採公園の石仏」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春採湖畔の不空羂索観音石仏・・:

« 雪原の春採湖の向こうを行く石炭列車・・ | トップページ | 幣舞橋の向こうに沈む春の夕日・・ »