« 東釧路駅のミニ雑学・・ | トップページ | チャランケチャシの雪の中の石仏たち・・ »

2017年3月 4日 (土)

五十石駅の思いで・・

昨日の3月3日で釧網線の五十石駅が廃止になりましたね。

以前、SL冬の湿原号が運行を始めた頃にそれに合わせて・・

標茶町が主催だったかの?湿原号のフォトコンテストが・・・

行われていたことがありました。

自分もどうせ撮るのならそのコンテストに応募しようと思い・・

撮影地に選んで一番通ったのがその五十石駅でした。

五十石駅は、湿原号の停車駅ではなかったこともあり・・

他に撮っている人がほとんどいなかったので・・・

気を使わなくて良かったことが一番の理由でした。

それに五十石駅に来る少し手前がカーブになっているので・・

一旦、スピードを落としていることもあり、そこから駅に・・・

向かってくるまでの直線コースが鉄道写真初心者の・・・・

自分にはとても撮りやすかったのです。

そして、カーブを抜けて加速するポイントでもあるので・・

結構、煙を出していたようにも思います。

お陰で一番通っていた年は、目標にしていたコンテストに・・

入賞することが出来ました。

それ以降も5~6年くらいは、よく通っていました。

ということもあり、五十石駅は、自分にとっては、写真撮影の・・

練習をするための道場のような存在でした。

その五十石道場がなくなるのは寂しさも感じますが・・

“ありがとうございました!押忍!!”と・・・

今は心からのお礼をいいたいです。

2001年2月7日、SL冬の湿原号に乗車した時に・・
車内から撮った五十石駅です。

303gonae1


2010年2月6日です。
自分が、五十石駅での最後にSLを撮影した時です。
この年限定のヘッドマークに花輪を付けた標茶駅までの・・
重連運転の日だったと思います。

206goji101

~~
駅の前を通過して行きました。
五十石駅は、昭和2年9月15日の開駅だそうです。
厳しい土地での90年もの営業、
ご苦労さまでございました・・
といいたいですね。

206goji104




|

« 東釧路駅のミニ雑学・・ | トップページ | チャランケチャシの雪の中の石仏たち・・ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五十石駅の思いで・・:

« 東釧路駅のミニ雑学・・ | トップページ | チャランケチャシの雪の中の石仏たち・・ »