« 東釧路駅のルパン列車・・ | トップページ | 五十石駅の思いで・・ »

2017年3月 2日 (木)

東釧路駅のミニ雑学・・

このところ、鉄道路線の存続問題が新聞やニュースなどで・・

取り上げられていますが釧網線や花咲線も候補なのですね。

自分は、その釧網線が、釧路~網走間ではなく・・

東釧路~網走間(166.2Km)だということを・・・

SL冬の湿原号を撮りに行くようになってから知りました。

東釧路駅は、大正14年3月16日に「別保」信号所として・・

開設されて昭和3年11月11日から釧路の東にあるので・・・

「東釧路」と称して一般駅になったそうです。

以前は、国鉄だけではなく昭和4年12月28日には・・

春採駅から東釧路駅まで臨港鉄道が延長して開通したそうで・・・

その後、昭和12年1月10日からは、東釧路~城山間も・・・・

開通して貨物だけではなく市民の足としても・・・・・

営業されていた時期もあったそうです。

しかし、昭和60年6月1日には、城山~東釧路間、・・

昭和61年11月1日には、東釧路~春採間が・・・

廃止されたようです。

釧網線は、過酷な土地と気象条件のもと強制労働などの・・

過酷過ぎる労働条件で働かされた人たちの数多くの・・・

犠牲の上で開通された重い歴史もあるようです。

これからも長く長く営業を続けてほしいものですね。

2月25日、ホーム側からの東釧路駅です。
225hikuna1

|

« 東釧路駅のルパン列車・・ | トップページ | 五十石駅の思いで・・ »

道東の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東釧路駅のミニ雑学・・:

« 東釧路駅のルパン列車・・ | トップページ | 五十石駅の思いで・・ »