« 春採公園で見かけた湧水の氷跡・・ | トップページ | 日差しと共に消え行く霜風景・・ »

2017年12月15日 (金)

武佐の森のサビタの記憶・・

読んだことがないので内容は全く分からないのですが・・

サビタを見ると原田康子先生の“サビタの記憶”という・・・

本のタイトルが直ぐに思い浮かびます。

そのサビタといえば見頃は、8月頃の真夏のようですが・・

以前、他の方のブログで雪の中に落ちたサビタの・・・

印象的な写真を見て感動したことがありました。

それ以来、冬にサビタの木を見かけると落ちていないか・・

周りの雪面を見るようになり自分の中では、サビタの見頃は・・・

真冬になったように思います。

先日、武佐の森の遊歩道を歩いていると思いがけずに・・

サビタが雪の中に落ちているのを見かけました。

以前見た写真のように印象的に撮ることは出来ませんが・・

カメラを向けてみることにしたのであります。

12月10日、武佐の森にて。
1210sayuna1


雪の中に埋まっていたようですね。
花に見える所は、ガク片だそうです。
正式には、
ノリウツギというのですね。
1210musaju2

~~
一つだけガク片が残っているのが絵になると思いました。
光と影の世界??
何故かこういう光景に惹かれてしまいます。

1210sayuna3_2

~~
ガク片が複数ついている姿もありました。
このガク片は春までこのまま残るのでしょうね。
次回は、光線状態も考えて心象的?に撮ってみたいです。
1210sayuna6








|

« 春採公園で見かけた湧水の氷跡・・ | トップページ | 日差しと共に消え行く霜風景・・ »

感傷的風景写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武佐の森のサビタの記憶・・:

« 春採公園で見かけた湧水の氷跡・・ | トップページ | 日差しと共に消え行く霜風景・・ »