« EGGの白いツバキ・・ | トップページ | 春を感じる幣舞夕日を撮りに・・ »

2018年3月15日 (木)

昔、“根室県”というのがあった?・・

このところ花咲線の存続問題を新聞の記事などで・・

見ることが多いように思いますが、その花咲線といえば・・

やはり、根室が思い浮かびます。

根室といえば、かつて“根室県”というのがあったのを・・

御存じでしょうか?

明治15年(1882)から明治18年(1885)の間、北海道は・・

函館県、札幌県、根室県の3つに分かれていた時代が・・・

あったそうです。(“三県一局”というそうです)

函館県は、渡島半島の辺りで根室県は、十勝地方を抜いた・・

現在の道東地方辺り(足寄は含まれる)その間が・・・

札幌県だったようです。

何故?根室に県庁があったかといいますと・・

明治8年(1875)にロシアとの間で国境を制定するために・・・

調印された“樺太・千島交換条約”によって樺太が・・・・

ロシア領になる代わりに千島列島全島が日本領に・・・・・・

なったため防衛や産業、船の交通の便などを・・・・・・・

考えると中間になる根室が良かったからとのことです。

しかし、3県になった当時の北海道の人口は、全体で・・

21万6千人ほどでしたが根室県は、1万4千人くらいと・・・

全体の6.7%だったそうです。

札幌県が28.3%で、65%は函館県に住んでいたようです。

やはり格差があり過ぎるので開拓の面などでも問題が・・・

あったようで僅か3年間で再び北海道ということで・・・

一つの行政になったようです。

その、かつての県庁所在地で道東発展の歴史を作ってきた・・

根室や江戸時代に東蝦夷地の中心地だった厚岸を繋ぐ・・

鉄路がなくなるのは歴史的にも寂しいような気がします。

何とか存続してほしいものですね。

今回は、東釧路付近を走るその花咲線の気動車を・・

流し撮りで撮影した写真からでございます。

先月の11日です。
流し撮りなので分かりにくいですが後ろに見える線路が・・
同じく存続問題の対象になっている釧網線です。
釧網線の走る釧路や網走地方も根室県に入っていました。

211nakikl1

|

« EGGの白いツバキ・・ | トップページ | 春を感じる幣舞夕日を撮りに・・ »

道東の歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昔、“根室県”というのがあった?・・:

« EGGの白いツバキ・・ | トップページ | 春を感じる幣舞夕日を撮りに・・ »