カテゴリー「龍馬と釧路」の記事

2011年2月25日 (金)

夕色に染まる龍馬くん人形・・

今時期になると部屋の本棚に西日が当たるのですが・・

先日、その中に飾ってある“龍馬くん人形”が夕日を受けて・・・

夕色に染まって輝いて見えました。shine

昨年は龍馬ブームでしたが、自分が初めて小説“竜馬がゆく”を・・

読んだのは26~27年くらい前だったと思います。book

その頃は、“龍馬と釧路は全く縁はないだろう”と思っていました。sign04

しかし、今では、ご存知の市民の方も多いと思いますが・・

龍馬の甥にあたる直寛の長女直意の婿養子の弥太郎は・・

三井物産の社員として明治38年(1905年)に来釧し・・・

その後、明治43年に「坂本商会」として独立しました。catface

自宅は現在の黒金町6にあったそうですが・・

大正2年12月の大火に巻き込まれて家を焼失したそうです。despair

その時に龍馬の遺品の一部と共に龍馬のピストルも失った・・

と云われています。gawk

その直意弥太郎の子で直寛の孫にあたる・・

六花亭の包装紙の絵で有名な坂本直行先生は・・・

1906年、釧路で生まれたそうです。delicious

龍馬と釧路は意外な縁があったのですな~。sign05

龍馬が長生きしていたら、きっと大きな船に乗って・・ship

釧路にも来ていたことでしょうね!wink

221rypki1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

龍馬と釧路・・

最近、テレビで“坂本龍馬”という名前をよく聞きます。tv

現在、放映中の「JIN-仁ー」という番組にも登場しますし・・

来年の大河ドラマは、「龍馬伝」とのこと。catface

実は、釧路も坂本龍馬とは全く無縁という訳でもないようです。wink

龍馬は生前、実際に仲間を調査に行かせたくらいに・・

当時の蝦夷地の開拓を考えていました。sign04

その夢は叶いませんでしたが、龍馬の甥にあたる坂本直寛が・・

開拓団として北見に入植しました。

その直寛の孫にあたり六花亭の包装紙のイラストでも有名な・・

画家の坂本直行先生は、1906年に釧路で生まれたそうです。confident

直行さんは坂本家の8代目当主でもあるそうです。

そこでです。昨今・・

“歴女”と呼ばれる歴史好きの女性が増えているそうですが・・・

龍馬伝の主役も福山雅治さんということと相まって・・・・

今までも男性を中心に根強い人気を誇っていた龍馬も・・・・・

女性ファンが更に増えることは間違いないでしょう。smile

これは、見逃す手(便乗?)はありません。bleah

海が好きでよく見ていたという龍馬と釧路を結びつけて・・

“龍馬が見たかった釧路の夕日”とか・・・

“龍馬も感動する釧路の夕陽”

または、“龍馬が夢見た釧路の大地”などなど・・・・

センスのない自分には、いい案が浮かびませんが・・・・・

このチャンスに是非とも釧路の観光に結びつくようなことを・・・・・・

考えてほしいように切に思うのであります!!happy01

ということで壮大な太平洋の夕日の写真といいたいのですが・・

スイマセ~ン、今回も手近な春採湖で撮った・・・

12月11日の夕日の写真にしちゃいました。happy02

1211ryouyu1

1211ryouyu2

1211ryouyu3

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

龍馬くん

このところ毎日、雨ですね~・・
春採公園に寄って花の写真が撮れなくて残念です。wobbly

ほんとーは、雨の日の方がいい写真撮れるのですが・・camera
根性なしなもので・・・despair
(だから、お前は駄目なんだっちゅーの!・・天の声)angry

そこで今回は、インドア?のお話、それも昨日の続きです。

昨日、坂本龍馬と釧路の関係の話を書きましたが・・
確か昨年の冬に港文館にて、それに関する家系図展のような催し
があったのを思い出しました。

その時に簡単なパンフレットをもらって来たような気がしたので、
先ほど捜してみたらみつかりました。

題名が「十勝の画家 坂本直行の釧路背景展」でした。

そのパンフレットに主催した女性のプロフィールが出ているの
ですが、それに気になることが書いてありました。pencil

その女性の息子さんが土佐旅行で坂本龍馬記念館に行った時に
“龍馬のピストル、釧路の大火(大正2年)で紛失”
と書かれていたのを見て・・

“そのことについて、お母さんに調べてほしいんだけど・・”
と息子さんから要請がきたのが坂本直行先生を調べる切っ掛けに
なったそうなのです。

只、この主催者の女性が何者か?までは、書いてませんでした。
(問い合わせ先が知りたいような・・・?!)gawk

坂本直行先生は、明治39年生まれの坂本家の8代目だそうです。
となると大正2年の出来事ならば7代目のお父さんの弥太郎さんが
持っていたのでしょうか・・?think
(龍馬の長兄の直方が4代目、北海道に来た甥の直寛が5代目、
6代目が直寛の長男の直道、直行のお父さんの7代目の弥太郎は
直寛の娘婿・・違ってたらスイマセン)

っていうか、坂本家の家宝になっていたのかも知れませんね。

それにしても龍馬のピストルって、あの伏見寺田屋で襲撃された
時に打って使ったという奴ですかね~?impact

もし、そうだとすると、それが釧路でなくなったというのは・・
歴史的にも貴重なもの・・・・・気になりますな~。confident

今度、この主催者さんに会って、その後、どこまで調べたのかを
聞いてみたいと思いました!delicious

さて、今回の写真は、ネタがないので「龍馬くん」人形にモデルに
なってもらいました。

23~24年位前になると思いますが、当時の同僚で、私が
「竜馬がゆく」を勧めたら、私以上のファンになった人から人形が
発売されるという情報をもらい、2人で買いに行きました。
2人とも2個買ったので、店員さんが驚いた顔をしていました。coldsweats01

そうそう、刀の部分を引くと・・
“心は、いつも太平洋ぜよ!”
“小さなことに、こだわってちゃー、いかんぜよ!”
“でっーかい夢をもたなー、いかんぜよ!”
“くよくよしてちゃー、いかんぜよ!”

の龍馬らしい4種類の言葉が聞けるのです。

龍馬の豪胆さなどは天性のもので憧れても誰もが持てるものでは
ないと思いますが・・

颯爽としている姿は、真似てみたいものでごぜーます!
(お前には、無理じゃーよ~だ・・また天の厳しい声が・・・)pout


幣舞橋をバックに颯爽と立つ龍馬くん!・・な~んちゃってsmile829ryoma

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

キキョウ

私が以前、東京で働いていたころに一番、驚いたのが建物の高さ
というよりも人の多さでした。
そして駅周辺での勧誘やアンケートの多さにも驚き閉口しました。despair

小柄で貧弱だった(今はメタボ予備軍ですが)私は、彼ら彼女らの
恰好の上得意様と言ってもいい存在だったでしょう。

歩いていると必ずつかまりました。
お陰で危険?を察知して早足で逃げる能力が身についていたと
思います。

そんな、勧誘マンさんたちにつかまらなくなっていたある日のこと・・

池袋駅東口をいつものように足早に歩いていると後ろから声を
かけられました。
“またか!”angry
と思って無視して行こうと思ったのですが・・
その声をかけた彼の姿を見て、自分より貧弱そうだったので
優越感?からアンケートに答えて上げることにしました。
(当時から心の狭い奴じゃの~・・天の声)

そして、彼の発した次の言葉で、彼は私の心を捕えたのです。

“何か武道をやっているのですか?”
確かに当時、武道を少し習っていましたが、そんなことを言われた
ことがありませんでしたので・・
“エッ!どうして分かるんですか?”
と驚きながら聞き返すと彼は・・
“前腕が逞しいからです!”
と答えたのです。

この言葉に・・
“女の子みたいな貧弱で細い腕だな~!”
と普段言われていた貧弱コンプレックスだった私が、彼に好感を
持ったのは言うまでもありません。lovely

そして・・・

“尊敬している人は誰ですか?”
との質問に私が答えに窮していると彼は・・
“僕は、坂本龍馬を尊敬しています!”
と目を輝かせながら毅然とした態度で言ったのです。

私は、“負・け・た・!!”と思いました。weep

私も坂本龍馬は人気があったので以前から気にはなっていました。

彼の言葉を聞いて感銘を受けた私は、直ぐに書店に行き
司馬遼太郎先生の「竜馬がゆく」の文庫本、全8巻を購入し、
通勤時のお供になったのでした。

確かに読んでみると若い人が憧れる訳が分かりました。delicious

その当時から、“坂本龍馬は、土佐の高知の人なので釧路には
関わりは、ないだろうな~?!”と当然の如く思っていました。gawk

10年ほど前だったでしょうか?
十勝の中札内美術村に行った時にホワイトチョコレートの包装紙
の原画を描いた人の作品が見れるとのことで「坂本直行記念館」
に入ってみました。

坂本直行先生の経歴を見ると“釧路生まれ”とのこと・・shine

そして、そしてです。
直行先生は、坂本龍馬の甥で北見の開拓に貢献した坂本直寛の孫
とゆーでは、あ~りませんか!wink

釧路にも龍馬とのつながりがあったということを知り感動しました。happy01

って、凄んごーーーく、前置きが長くなって、ここまで読んでくださった
方々様、スイマセン、本当にありがとうございます。coldsweats02

ということで、今回の花は、庭に咲いている桔梗です。
坂本龍馬の家紋が桔梗ということで話をつなげてしまいました。coldsweats01

828niwakiky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お祭り・イベント2007 | お祭り・イベント2008 | お祭り・イベント2009 | お祭り・イベント2010 | お祭り・イベント2011 | お祭り・イベント2012 | お祭り・イベント2013 | お祭り・イベント2014 | お祭り・イベント2015 | お祭り・イベント2016 | お祭り・イベント2017 | くしろ懐古 | くしろ謎かけ | アザラシのぬーちゃん | イタズラレーター | オールドレンズ試写記 | クモの巣アート | ベイゲイトからの釧路港風景 | モノクロの園 | ラッコが来たーⅠ | ラッコが来たーⅡ | ラッコが来たーⅢ | ラッコのクーちゃん五七五 | ラッコのクーちゃん回想記 | 久寿里橋からの夕日 | 二本松(湿原)展望地 | 写真俳句 | 別海・野付 | 厚岸 | 塘路湖 | 夕陽 | 岩保木水門 | 岸壁炉ばた周辺 | 幣舞公園・出世坂付近 | 幣舞夕日~冬 | 幣舞夕日~春 | 幣舞夕日~春・2015 | 幣舞夕日~春・2016 | 幣舞夕日~春・2017 | 幣舞夕日~秋・2012 | 幣舞夕日~秋・2013 | 幣舞夕日~秋・2014 | 幣舞夕日~秋・2015 | 幣舞夕日~秋・2016 | 幣舞夕日~秋・2017 | 幣舞橋の青い四季の像 | 幣舞橋周辺 | 幣舞橋周辺の夕日 | 幣舞橋周辺の夜景 | 庭の花 | 庭の野鳥 | 感傷的風景写真 | 新聞ヌンチャク | 新聞パンチ&ブジュツ | 日記・コラム・つぶやき | 春採公園 | 春採公園からの夕日 | 春採公園の昆虫 | 春採公園の石仏 | 春採公園の花2007 | 春採公園の花2008 | 春採公園の花2008Ⅱ | 春採公園の花2008Ⅲ | 春採公園の花2008Ⅳ | 春採公園の花2009 | 春採公園の花2010 | 春採公園の花2011 | 春採公園の花2012 | 春採公園の花2013 | 春採公園の花2014 | 春採公園の花2015 | 春採公園の花2016 | 春採公園の花2017 | 春採公園の野鳥 | 春採湖 | 春採湖畔の沢 | 村田公園 | 桂恋からの夕景 | 桜ケ岡橋からの風景 | 武佐の森 | 水玉の世界 | 水面アート | 氷の世界 | 神の子池 | 笑顔を呼ぶ写真 | 米町・啄木・港文館 | 米町公園の夕景 | | 貝塚大橋からの夕日 | 道東の歴史 | 道東の風景 | 野鳥 | 釧路の海 | 釧路の石碑巡り | 釧路川の材木運搬船 | 釧路港の大型客船 | 鉄道 | 鉄道<石炭列車> | 雲のアート | 霜の花 | 霧の幣舞橋 | 鶴ヶ岱公園 | 龍馬と釧路