カテゴリー「釧路川の材木運搬船」の記事

2014年8月20日 (水)

懐かしの?釧路川の材木運搬船・・

一昨日の北海道新聞の夕刊に“さよなら釧路川のいかだ”・・

という見出しの記事が掲載されていました。memo

輸入された材木を河口から木場の水面貯木場まで・・

運搬する業務を今月の6日をもって終了したとのことでした。gawk

水面貯木場が出来たのは、1966年とのことですから・・

先代の4代目幣舞橋の下を当初は、通っていたのですね。catface

それにしても、釧路市内からデパートや映画館がなくなり・・

更に霧笛(正確には霧信号?)もなくなってしまいましたし・・・

普段、当たり前のように見たり聞いたりしていたものが・・・・

段々と消えて行ってしまい寂しくなってなっていきますな~。think

今回は、懐かしいというには、まだまだまだ早いですが・・

先月の31日に撮ったその材木運搬船の写真でございます。catface

7月31日、MOOエプロン?からです。eye
731saikanu1

~~
~~~shine
731saikanu2_2


MOO前の岸壁から幣舞橋の下を通るところです。sign04
731saikanu4

~~
幣舞橋の上からです。wink
731saikanu5

~~
~~~shine

731saikanu6

~~~
~~~~shine

731saikanu7

~~~~
~~~~~shine

731saikanu8

幣舞橋の上から望遠に変えて撮りました。wink
間もなく久寿里橋の下を通るところです。catface

731saikanu9

~~~~~
橋の下を通過したようですね。wink
731saikanu11

~~~~~~
更に上流の木場の貯木場へ向かって行きました。catface
自分が見た
釧路川のいかだの最後の姿になりました。gawk
731saikanu12




























| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

釧路川の木材運搬船・・

昨日の北海道新聞に“釧路川いかだ 見納め間近”という・・

見出しの記事と写真が掲載されていました。memo

今月初め頃の記事では、間もなくこの光景も見られなくなる・・

とのことだったのですでに終了したものだと思っていました。sign04

そこで昨日、行った時間帯に見られるかどうか?・・

分からなかったのですが、取りあえず行ってみました。car

昨日の7月31日、材木運搬船の姿は見えませんでしたが・・
MOOの港側の外階段を昇ってみました。eye
岸壁では、
港まつりの屋台の準備をしているようですね。catface
731sazama2

時間帯的に見られないような感じがしたので、帰ろうと思って・・
幣舞橋を渡っていると港にそれらしき姿が見えて来たので・・・
急いで再びMOOの外階段に戻って昇りました。runsweat01

731sazama1

~~
~~~shine

731sazama3

~~~
~~~~shine

731sazama4_2

~~~~
~~~~~shine

731zamofu1

~~~~~
~~~~~~shine

731zamofu2

~~~~~~
~~~~~~~shine

731zamofu3

この時は、運搬している材木の規模は全盛時に較べると・・
小さくも感じますが、それでも、迫力的なものも感じますね。delicious
731zamofu4













| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

氷浮かぶ釧路川を行く材木船・・

今月の8日、幣舞橋に夕日の写真を撮りに行った時に・・

釧路川を船が貯木場まで材木を曳いて上る風景を・・・

久しぶりに見ました。catface

やはり、釧路川のなくてはならない風物詩の一つだと・・

船の速度を感じながら思いました。confident

2月8日、幣舞橋からです。eye
208kozamo7

間もなく幣舞橋の下を通ります。sign04
この船が航行するのに相応しい穏やかな川面でした。catface

208kozamo6

川面に映るMOOも入れて撮ってみました。wink
写真的には、空が白かったのが残念です。despair

208kozamo5

橋の上流側の歩道から撮りました。delicious
真上から見ると迫力のようなものも感じます。confident

208kozamo3

右側の船が曳いている長い筏に乗って作業をするのだと・・
思いますが、氷り浮かぶ水面上ですから大変ですね。coldsweats02

208kozamo2

この先、久寿里橋、旭橋、釧路川鉄橋、貝塚大橋の下を・・
通って雪裡橋手前の貯木場まで行くのですね。smile
208kozamo1









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月28日 (木)

オレンジ色の空・・

「オレンジデイズ」というテレビドラマで、夕日に向かって・・

大学卒業間近の仲良し5人組が“こうなりたい!”という・・・

それぞれの誓いの言葉を素直な気持ちで伝えるために・・・・

手話にて宣言するシーンがありました。delicious

朝日というと願いを込めて手を合わせるイメージがありますが・・

幣舞橋からの夕日を見ているとドラマのように誓いの言葉や・・・

感謝の気持ちを夕日に向かって思わず手を合わせて・・・・

伝えたくなる気持ちが分かるような気がしました。happy01

10月23日です。
日没間近のオレンジ色の空が綺麗でした。confident

1023ored1

日没直後です。catface
1023ored2

この日は月もオレンジ色っぽくて綺麗でした。fullmoon
1023ored3

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月26日 (火)

素敵な雲と材木船・・

秋の幣舞橋周辺というと夕日を見るのが楽しみですが・・

いろいろな雲模様を見られるのも楽しみの一つです。delicious

10月22日、夕日が沈んだ空に魅力的な雲がありました。confident

どう撮ろうか?と思っていると河口の方から・・

いかだ組みの作業を終えた船が向かってきました・・・wink

ラッキー!!happy01shine

空に素敵な面白い雲がありました。
1022yukui2

釧路川をゆっくりと上っていく船も魅力的でした。
1022yukui3

1022yukui4

1022yukui5

この船を撮っている時にいつも思うのですが・・
正面から撮る人は多くても後ろ姿を撮る人が少ないのが・・・
不思議に思います。
自分的には材木が主役だと思うのですが・・??think

1022yukui6

自分のカメラでは無理ですが最近の高感度に強く・・
手振れ補正の付いている機材なら手持ちでも素敵な風景を・・・
撮れるように思いました。catface

1022yukui7

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月24日 (金)

ラッコが来たー・・50

もう一度、孔子さまのお言葉を復習してみましょう・・gawk

子曰く、吾れ十有五にして学を志す。三十にして立つ。
四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして・・

アラフィフの自分は・・
五十にして天命を知らなければならないのでしょうが・・・
気に入ったお店の店名ぐらいしか知らないのでした・・・・・weep

ということで・・ヒャッホッー!50回目に到達でーす。happy01

当初、クーちゃんは直ぐにいなくなると思われていましたが・・
思ったより滞在日が長引いていきました。

それでも、まさか、こんなにいるとは思わずに冗談で・・
“50回目まで続きそう!”と書いていたのが・・・
現実となってしまいました。confident

そのクーちゃん・・
釧路川の滞在が長い間に川の状況にすっかり慣れたようで・・・

一昨日(22日)、釧路の4月での一日の降水量を記録した日も
増水して氾濫した中を避難場所を見つけて出没していたそうです。

でも、あの雨の中を観察しに行っていた人も凄いですね!wink

そんなクーちゃんですから・・
増水して濁って上流からのゴミが流れてくる釧路川にも動揺?
することなく、いつも通りのマイペースの行動をしているようです。

ただ、材木を運ぶ船の音が気になるのか?・・
船の音が聞こえてくると潜ってしまうのでは?・・・
と常連さんたちがいっていました。think

経済センタ―前の午後3時ごろの温度表示です。
昨日は、寒かったです。wobbly
ときより強い風も吹いていたので体感温度は、真冬日並でした。

423nigora3

今頃から始まる丸太を引いて釧路川を上る船景は風物詩ですね!
423nigora1

423nigora2

濁ってゴミが浮かんでいましたが日銀側の岸壁で・・
クーちゃんの描く波紋芸術を期待して待ちました。
でも、結局、ここではなくガイドセンター側に出没しました。sad

423nigora4

午後4時ごろに出没しましたが、ちょうど丸太を引く船の音が
聞こえたためか?直ぐに潜りました。

5分後ぐらいに丸太の船がちょうど岸壁の横を通った時に
再び出没しました。
ゴミの浮かぶ川の中で船
(丸太?)を見ている姿が印象的でした。
423nigora9

423nigora8

423nigora7

423nigora6

423nigora10

423nigora5

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お祭り・イベント2007 | お祭り・イベント2008 | お祭り・イベント2009 | お祭り・イベント2010 | お祭り・イベント2011 | お祭り・イベント2012 | お祭り・イベント2013 | お祭り・イベント2014 | お祭り・イベント2015 | お祭り・イベント2016 | お祭り・イベント2017 | くしろ懐古 | くしろ謎かけ | アザラシのぬーちゃん | イタズラレーター | オールドレンズ試写記 | クモの巣アート | ベイゲイトからの釧路港風景 | モノクロの園 | ラッコが来たーⅠ | ラッコが来たーⅡ | ラッコが来たーⅢ | ラッコのクーちゃん五七五 | ラッコのクーちゃん回想記 | 久寿里橋からの夕日 | 二本松(湿原)展望地 | 写真俳句 | 別海・野付 | 厚岸 | 塘路湖 | 夕陽 | 岩保木水門 | 岸壁炉ばた周辺 | 幣舞公園・出世坂付近 | 幣舞夕日~冬 | 幣舞夕日~春 | 幣舞夕日~春・2015 | 幣舞夕日~春・2016 | 幣舞夕日~春・2017 | 幣舞夕日~秋・2012 | 幣舞夕日~秋・2013 | 幣舞夕日~秋・2014 | 幣舞夕日~秋・2015 | 幣舞夕日~秋・2016 | 幣舞夕日~秋・2017 | 幣舞橋の青い四季の像 | 幣舞橋周辺 | 幣舞橋周辺の夕日 | 幣舞橋周辺の夜景 | 庭の花 | 庭の野鳥 | 感傷的風景写真 | 新聞ヌンチャク | 新聞パンチ&ブジュツ | 日記・コラム・つぶやき | 春採公園 | 春採公園からの夕日 | 春採公園の昆虫 | 春採公園の石仏 | 春採公園の花2007 | 春採公園の花2008 | 春採公園の花2008Ⅱ | 春採公園の花2008Ⅲ | 春採公園の花2008Ⅳ | 春採公園の花2009 | 春採公園の花2010 | 春採公園の花2011 | 春採公園の花2012 | 春採公園の花2013 | 春採公園の花2014 | 春採公園の花2015 | 春採公園の花2016 | 春採公園の花2017 | 春採公園の野鳥 | 春採湖 | 春採湖畔の沢 | 村田公園 | 桂恋からの夕景 | 桜ケ岡橋からの風景 | 武佐の森 | 水玉の世界 | 水面アート | 氷の世界 | 神の子池 | 笑顔を呼ぶ写真 | 米町・啄木・港文館 | 米町公園の夕景 | | 貝塚大橋からの夕日 | 道東の歴史 | 道東の風景 | 野鳥 | 釧路の海 | 釧路の石碑巡り | 釧路川の材木運搬船 | 釧路港の大型客船 | 鉄道 | 鉄道<石炭列車> | 雲のアート | 霜の花 | 霧の幣舞橋 | 鶴ヶ岱公園 | 龍馬と釧路